プロローグ~

「初めてアルファベットに触れる子どもたちには、どんな教材が良いですか?」

私たち、マック英会話教室は地域密着型の教室として東淀川区上新庄の地で、児童教育をスタートし、27年以上の月日がたちました。
この年月の中で、上記のような質問を頂く機会が非常に多かったのです。
どうしたら、子どもたちに、さらに楽しく英語にふれてもらうことができるのだろうか?
自問自答し続けた結果、やはり既存のテキストでは対応が難しいのではないか…
そうであれば、「自分たちで作ってみよう!!」と、思うに至りました。

開発~

現役英会話教室の講師自らが徹底的に考え抜きました

私たちは、まず、今までのテキストを基にした学習内容の問題点や疑問点を洗い出すとともに、本教室の日本人・外国人の講師たちにもヒアリングを行いました。
そしてこのアルファベット教材(大文字・小文字の練習帳)と、日常生活でよく使うであろうフレーズや単語を盛り込んだCD製作に取り組み始めたのです。
その日その日のレッスン構成を考えることは日常茶飯事であっても、一つの教材として作成した経験は、初めてでした。
いかに子どもたちがわかりやすく、興味をもってもらえるような教材を作るか、その時に大きく影響を与えたのが、やはり現場(講師陣、生徒でもある子どもたち)の声だったのです。
教材製作の専門業者に頼ることなく、現役である外国人講師と日本人講師の意見や子どもたちを始めとする現場の声、さらに保護者様からのご感想やお悩みをフィードバックすることができるこの環境だからこそ、マックのオリジナル教材が生まれたのです。

完成・評価~

教室で使われるだけでなく、他教育機関そしてECサイトや大手書店にも

講師陣の意見・想い、そして、子どもたちの学びと成長、使いやすさに徹底的にこだわり抜いた教材づくりには、時に意見をぶつけ合うこともありましたが、ようやく完成したのが2015年11月。
子どもたちが一所懸命、テキストに向き合っていた姿や、これまでの様々な想いが駆け巡ったことは、昨日のように感じています。
そして、今では当教室以外でも、様々な英語・英会話教室でも使用され、また他の教育機関や、幼稚園、小学校など多くの子ども達に使われており、アマゾンや大手書店にも置かれるようになりました。
私たちは、普段のレッスンで使用するこの英語教材に誇りと自信、そして期待を持っています。
そんな思いを込めた私たちの教材を新たに使って頂けるとしたら、こんな嬉しいことはありません。